だらだらよもぎ月記

日々のことを真面目にだらだらと書いてみます。

七十五日

ここ最近、とある議員さん、とんと表にでなくなった。


体調不良か、はてまた雲隠れか。

倒れたという話もあるし、入院したという話もある。


箝口令が敷かれたようだが、恨みをもつ人が多いのだから、そんなもの意味はない。


己の人徳の無さを思い知ればいいと思う。

カネの切れ目が縁の切れ目。

離れていく人がいることだろう。


その時になって初めて知ることになる。

己の取り巻きが、いかに面従腹背であったかを。

己が忠実なる部下だと信じた者たちが、陰口を叩き、侮蔑しているかを。


そして、今までに自身から離れていった者たちこそが、

己が遠ざけた者たちこそが、本物であったかを。

知ればいい。


私怨であることを隠して、市民を騙した罪深さを悔いればいい。


すべては、身から出た錆なのだから。