だらだらよもぎ月記

日々のことを真面目にだらだらと書いてみます。

自死について

都会では自殺する若者が増えている。


井上陽水さんの「傘がない」のフレーズである。


自殺する人には、いろいろな思いが重なって、自ら命を絶つに至る人もあれば、衝動的に死に踏み込む人もいる。


でも、考えてほしい。


いつかは死ぬんですから。

どうやっても。


私は思う。

それなら、いつか死ぬ日まで生きてやろうじゃないかって。


それこそが、生きることの業を背負った人間の宿命だと思う。

死ぬために生きること。


生きてきたうちでしか知らない世界なのに、さも全ての世界を知ったかのような思い上がりは、すぐに死のうとする。

いや、それを否定はしないけれども、

世界がそこまでしか広がっていないわけで、もったいないよなぁと私が勝手に思うだけ。


世界が広がることは、自分の限界を知ることになる。

それからでも、遅くない。


生きている限り広がり続ける世界があるのだから、生きるだけ生き抜けば、あとは好きも嫌いもなく、勝手に殺してもらえる。

人間とは、かくもありがたい。


だからこそ、途中で死のうとするなんてのは、思い上がりだって思う。

どうせなら、一人で生き抜いて、誰も悲しませないほどに長生きして死になさい。


若いうちに死を選ぶってのは、必ず一人くらいは悲しむ人が出てしまう。

それは、身勝手だ。

てめえの命だからって、こっちの人生にとっては、お前が自殺するってことは大問題だってのに。

見ず知らずでも、ブログでしか知らなくても、同じこと。


思い上がるなよ。


10数年前に自殺した友人がいる。

ちょうど、この時期だった。


彼は「病気」だった。

それは「命を奪う病気」。

そう言って彼の母親は涙し、嗚咽へかわった。


くそったれ。

自分一人で死んだら終わりだなんて、思うなよ。


てめえ一人の命は、てめえ一人だけのもんじゃねえっての。


生きていりゃあ、恋人もできて、そいつと喧嘩してでも、全力でぶつかり合って、生きていく、生き抜いていく。

そういうもんだろが。


だからさ、生き抜いてみろや。

くそったれ。