だらだらよもぎ月記

日々のことを真面目にだらだらと書いてみます。

悲しいニュース

悲しいニュース。

15歳で、亡くなること。それも、労働中での出来事。

ご遺族の心中を察すると、胸が痛むばかり。


高所作業の是非も問われるし、法的な側面から、違法である可能性も指摘されているけれど、

働かなければならない事情があったのかも知れない。


ネットでは心ない言葉を浴びせる人も多いが、

自らのこととして捉えるべきだと思う。


ただただ、悲しく胸が詰まるニュースに、涙するばかり。


ーー以下、引用ーー


バイト15歳少女、工場で転落死 太陽光パネルを点検

12/16(土) 13:47配信 朝日新聞デジタル

 茨城県古河市下大野の鉄工卸売会社「中央鋼材」古河工場で14日午前10時55分ごろ、石岡市東府中、アルバイト秋山祐佳里さん(15)が屋根から約13メートル下のコンクリート床に落ち、搬送先の病院で死亡した。


 古河署によると、秋山さんは屋根に設置された太陽光パネルを点検、清掃する仕事をしていた。屋根の上を歩いていたところ、天窓のガラス(金網入りで厚さ約6ミリ)が割れ、転落した。中央鋼材から点検作業を受注した会社によると、秋山さんは同社の下請け業者に雇われていたという。同署は、事故原因と安全対策に不備がなかったかについて調べている。


ーー引用、以上ーー