だらだらよもぎ月記

日々のことを真面目にだらだらと書いてみます。

飲酒運転する者は極刑でいい

飲酒運転、未だにするバカがいる。


車が凶器に変わり、いつ、どこで、誰を巻き込む事故に繋がるか分からない。

これは無差別テロと同じこと。


ましてや、飲酒は、自分自身が行う行為。

ともすれば、飲酒運転する人は、無差別テロをしても構わないという思考なのだろう。


そんな輩は、極刑でいい。

どんどん処分していくべき。


嫌なら、飲んだら乗るな。ハンドル握るな、運転するな。

「酒を少し呑んだくらいで」という認識の人もいるが、そんな軽率な行為によって、命を奪われかねないなんて、真っ平ごめんだ。

家族が飲酒運転により命を奪われても、同じことが言えるのか?と、甘い認識の人たちには問いたくなる。