だらだらよもぎ月記

日々のことを真面目にだらだらと書いてみます。

酒井法子の子ども健全育成大使就任について

最初、耳を疑い、目を疑った。


あの酒井法子が、よりにもよって子ども健全育成大使って。


覚せい剤取締法違反で逮捕されて、有罪判決を受けていたと思う。


大使就任について、任命した財団は、「子供から大人まで、どういう人でもやり直す機会を与える。心を入れ替えてもらい、社会の中でその分、頑張ってもらえばいい」というようなスタンスらしい。


おかしくないか?


誰でもやり直す機会があることはよいと思うが、

その「機会」は与えられてできるものだろうか。


過ちを犯さないこと。

それこそが、まずは一番大事だと思う。


子どもの健全育成について大使に任命するなら、

きちんと子どもを育て上げた人にこそ依頼するべきではないか。