だらだらよもぎ月記

日々のことを真面目にだらだらと書いてみます。

誤報を報じた朝日デジタル

何気なく見ていたネットニュース。


とある記事が、朝日デジタルに載っていた。
その内容について、事情を知る私としては、明らかな「間違い」があることを理解した。


おそらく、誤報に載っている企業への直接取材はしていないままに、載せた記事だろう。
事情から事実を鑑みるに、大ウソの内容が含まれている。


ああ、これがマスコミの仕事なのか。そう思った。


ひと昔前には、朝日といえば、記者も誇りを持っている人が多かった気がする。
「朝日の記事を下手に書いたのが毎日」とも言われていたが、今は逆だろう。
毎日新聞の記者の方が、記事としてはきちんとしたものを書いている気がする。


まあ、その企業がどうでるかは知らないが、企業名を載せた報道での事実誤認の報道。
企業への裏付けもなしに、先に記事だけ載せたかったのかも知れない。


なんにしても、信頼できない記事を載せていることは、事情を知る側の人間からは、こう見えるのだという勉強になった。