だらだらよもぎ月記

日々のことを真面目にだらだらと書いてみます。

相撲協会は猛省すべし

貴乃花親方の件で、というだけではなく、もはや「大相撲」というジャンル自体の存在のあり方が問われている。


貴乃花親方の退職について、なぜ「待った」の声が角界からあがらないのか。

それでいいのか?とすら思う。


八百長問題も然り、暴力問題も然り。


大相撲の運営を担う立場の連中は、放っておいても自分たちが食いっぱぐれることはないと胡座をかいている気がする。


そうした問題の流れがあっての、今回の騒動。

貴乃花親方がいなくなれば、それで済む話ではなかろう。


むしろ、声のあがらぬ事を恥だと思うべきである。

そうした意識すらないのだろうが、この様な体質であれば、私は大相撲なんて潰れてしまえ、と思う。