だらだらよもぎ月記

日々のことを真面目にだらだらと書いてみます。

ロシアはやっぱりロシア

先日のプーチン大統領による提案。


前提条件なしでの平和条約締結を、という話。


1956年の日ソ共同宣言の中に次の文言がある。


「日ソ両国は引き続き平和条約締結交渉を行い、条約締結後にソ連は日本へ歯舞群島と色丹島を引き渡し(譲渡)する。」


確認しなければならないのは、プーチン大統領が口にした「平和条約」というのは、この日ソ共同宣言中にある「平和条約」なのかどうか。


日本は、ずっと4島返還を訴え続けているだけに、ここで2島を返還してもらうと、これで終わりになるんじゃないかという危惧がある。

それだから、飲めない話になるんだけれど、

そうなると、プーチン大統領は平和条約締結を提案したが、断ったのは日本だ、ということが言える。


つまり、日ソ共同宣言がどうのこうのという話をすっ飛ばして、

平和に向けて話し合わない日本が一方的に悪い、と言い換えることができる。


これ、要するに、プーチン大統領からすれば、自分が提案しても日本は受けないと思っているからできたパフォーマンスなのであって、ついでに、日ソ共同宣言も有効であるとしてきた従来の発言をも反故にできる可能性を孕んでいる。


または逆に、実際に平和条約締結をしたいという願望があるならば、ロシアが譲歩できる範囲は、日ソ共同宣言までであって、2島で決着を図ることと引き換えに、日本との平和条約さらには、経済的な繋がりを強化する狙いがあると思う。