だらだらよもぎ月記

日々のことを真面目にだらだらと書いてみます。

奴は、何処からやってくるのか

洗濯して、ベランダへ。

部屋の扉窓を開けて、洗った洗濯物を運び出し、扉窓を閉める。


洗濯物を干す。


ふと扉窓越しに、カーテンレースに黒いものがついているのを発見。


あ、Gだ。


刹那、脳内がフル回転。

オペレーションGを導き出す。

扉窓を開けて、ベランダ用ほうきで、ベランダに向かって払い落として退治するミッション。


リスクは、しくじったら部屋に逃走されて眠れぬ時間を過ごすことになることのみ。


オペレーションGを発動。


ベランダほうきを右手に持ち、扉窓に手を伸ばす。

すかさず、扉全開。


突然のことに固まるG。


そこをすかさず、ほうきで払う。


Gを的確に捕らえたほうきを、勢いのままに振り抜く。


なにっ(*゜ロ゜)?


ここで、想定外の行動に出るG。


そうだ、奴は「飛ぶ」ことができるのだ。

払ったほうきを踏み台にするかのように、羽ばたくG。

後ろ姿だけ見れば、クワガタが飛んでいるかのようだ。


いかん、そんな事を思っている場合じゃない。


すかさず、ほうきを向けて、Gの着地点へと振り下ろす。

しかも、潰さないように力を加減しながら。


戦場で敵に情けをかけることは己の命を失うことに繋がるが、それでも、潰れたあとの特殊清掃はしたくない。


叩き落とされ、床へ背中から落ちたG。

仕留めたか。


いや、まだだ!

奴はこちらの油断を誘っているに違いない。


これは他のGとの歴戦で幾度も死線をさ迷った私には効かぬ戦法ぞ。


ほうきを再び持ち直し、圧死させる。


ふう、終わった。

私はGに勝ったのだ。


この間、おそらく数秒。

Gは活動停止。


それから洗濯物を干し終える。


けれども、気になる。

再び確認。


ああ、某宗教のキ◯ストの如く、奴は復活している。

いや、ダメージは残っているらしく、脚が動き始めたところ。


復活祭にはまだ早い。


私は、ためらうことなく、ほうきで、ほうき本来の用い方でGを掃き転がす。

地面に転がる瞬間、俊敏に動き、とどめの一撃をかわすG。


やむ無し。

ほうきの固い部分で、頭を叩く。


ガツガツッ


……終わった。

すべてが終ったのだ。


って、何を書こうとしていたんだったっけ。

ああ、そうだ。


どうして、カーテンレースの裏にGがいたのかって話だった。


なぜなんだろう。

エアコンの隙間などくらいしか考えられない。

極力、Gとの遭遇はしたくないものだ。

ロシアはやっぱりロシア

先日のプーチン大統領による提案。


前提条件なしでの平和条約締結を、という話。


1956年の日ソ共同宣言の中に次の文言がある。


「日ソ両国は引き続き平和条約締結交渉を行い、条約締結後にソ連は日本へ歯舞群島と色丹島を引き渡し(譲渡)する。」


確認しなければならないのは、プーチン大統領が口にした「平和条約」というのは、この日ソ共同宣言中にある「平和条約」なのかどうか。


日本は、ずっと4島返還を訴え続けているだけに、ここで2島を返還してもらうと、これで終わりになるんじゃないかという危惧がある。

それだから、飲めない話になるんだけれど、

そうなると、プーチン大統領は平和条約締結を提案したが、断ったのは日本だ、ということが言える。


つまり、日ソ共同宣言がどうのこうのという話をすっ飛ばして、

平和に向けて話し合わない日本が一方的に悪い、と言い換えることができる。


これ、要するに、プーチン大統領からすれば、自分が提案しても日本は受けないと思っているからできたパフォーマンスなのであって、ついでに、日ソ共同宣言も有効であるとしてきた従来の発言をも反故にできる可能性を孕んでいる。


または逆に、実際に平和条約締結をしたいという願望があるならば、ロシアが譲歩できる範囲は、日ソ共同宣言までであって、2島で決着を図ることと引き換えに、日本との平和条約さらには、経済的な繋がりを強化する狙いがあると思う。

不正を暴くXデーは

知人の裁判に進展があったとのことで、話を聞いた。


被告議員サイドは、あくまでも「謝罪」を盛り込むことが和解条件だと言っているらしい。


いきなりの叱責で解雇を口にして、未払いの残業代など不正行為もなかったかのような主張をする被告が新聞記事を載せられたことに腹をたてていて、メンツがあるから謝罪を要求しているようなものだろう。


被害者が和解のために謝罪する必要などない。

土下座してでも謝るのは、被告の方だろう。


和解なんてするべきじゃないよ、と伝えた。


これから先、和解交渉が進まなければ、彼の味方である人が証言に立つらしい。

証言のみならず、録音などが別にあるらしいので、法廷で被告の発言内容などが白日の下にさらされることだろう。

色々と際どい内容もあるので、録音って身を守るなぁと思う。

ブラックな職場だからこそ仕事のために録音していたのが、身を守ることになるんだから皮肉だけれども。


あとは、地元で色々と噂が流れ始めたこと。

日頃から、横暴なことをしていると、こういう時にはよくわかる。

ああ、この人は人望無いんだなって。


知り合いの職員からも話を聞くが、ろくでもない話が多い。

まあ、年貢の納め時って、あるだろう。


当の本人は、体力の衰えも感じていることだろうし、次の選挙は出られないんじゃないか。

娘さんが出るのかねって地元の話。

まあ、出たとしても、間違いなく、得票数は下がるだろう。

和解に謝罪を要求してきたって知ったら、多くの人は驚くだろうし。


このまま裁判に時間がかかって、選挙前のちょうど良い時期に判決が出るなら、その方がいいって伝えておいたけど、どうなることやら。


Xデーが待ち遠しい。